マイホームと耐震設計

いつ何か起きるのが全く予測がつかないのが日本列島であり特に日本は地震大国とも呼ばれることがあるくらいに頻繁に地震があります。自分は大丈夫、自分の住んでいるエリアには大きな被害の出るような地震はないと確信を持って言える人はいません。どこにでも起きる可能性があり、それへの備えをしているかどうかは大きなことです。マイホームを注文住宅で建てる時に、少しでも節約をしたいために、基礎工事にそれほどお金をかけないようにしたくなるのは確かかもしれませんが注意が必要です。どうせ土に埋まってしまう部分なのでそれほど高耐久を意識しなくてもと思うかもしれませんが、自分の住んでいるエリアで自分の家だけが地震で傾いたり被害が出てしまったとしたら、それは基礎工事をケチったからということになり、それは恥ずかしいしその修理の費用にいったいいくらかかるのかということを想像すると、高耐久設計にしておけばよかったということになるのです。