注文住宅フローリングにこだわったのは失敗

注文住宅でマイホームを建てて、この点「フローリングにこだわったこと」は失敗だと思っています。なぜなら、注文住宅のマイホームに住んでみて思ったことなのですが、「フローリングはなんであってもそこまで気にならない」と思ったからです。

わが家のフローリングはこだわった天然無垢の木材で、それで色合いが違う木材をそれぞれ組み木のように合わせてフローリングにしているのです。ですから見た目はとてもキレイなのですけれど、しかし正直こう思ってしまいます。「フローリングにそこまでする必要は果たして本当にあったのか?」と。

フローリングは家のほとんどの面積を占めるわけですから、家づくりをしている最中はどうしてもこだわりたかったところなのです。けれども実際に注文住宅のマイホームに住んでみると、「床、べつに気にならないじゃん」ということを思ってしまったのですよね。

ですからそこまでお金をかける意味があったのかと、今改めて考えても疑問が生じてしまいます。まあ、こだわりのフローリングは悪いものではないのですが。