スキップフロア住宅は若い頃ならばOKだけど

快適なマイホームを作るのならば、「ちょっとした段差」をなくすことを私はオススメしたいです。長く住むことができる快適なマイホームというところにこだわるのでしたらなおのこと、スキップフロアにはしない方がいいと思うのですよね。まあ個人個人の考え方だと言われてしまえばそれまでなのですが。

そりゃあ私も20代の頃は段差で生活空間を分けるスキップフロアに対して、「ナイスアイデア!お店屋さんみたいでステキ!」と思ったものです。けれども、アラフォーという年齢になってみると、ちょっとした段差をしんどく感じてしまうのですよね。

床に伸びているコードをまたぐのでさえしんどいと思うような肉体になっていますので、スキップフロアの住宅なんて到底無理だというものでしょう。私の性格からして、少しの段差をまたぐのも面倒に感じることでしょうから。

ですからスキップフロア住宅にしなくて良かったなーと思っています。壁で仕切るよりは段差で仕切る方がスペースの節約になりいいとは思うのですが、敷地面積に余裕があるのならばやっぱりスキップフロアは避けたいなぁと思うわけです。

PR:群馬県太田市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室