一番はやっぱり日当たりの良さ

家を購入又は建築するにあたって、気を付けたいのは日当たりと風通しの良さです。

日当たりや風通しが悪い家は、じめじめとしたカビが生えやすく、家の中が寒いため、暖房費も必要以上にかかってしまいます。

近年では、24時間換気システムが導入されたことによって、カビが生えにくいといわれていますが、だからといって全くカビが生えないわけではないのです。

カビが生えないように、風の通り道を家の中で作っておく、そういった工夫が大切になってくるのです。

家は、一生の中で一番高い買い物とも言われているため、何か不満に思うことがあっても、そう簡単に引っ越しができるわけではないのです。

そのため、ご近所にどのような人が住んでいるのか、ゴミ出しのルールはきちんと守られているのかなど、住む場所の治安を事前に確認しておくことで、家を購入して引越した後でも快適に過ごすことができます。

また、家建築予定地の場所を天候の良い日だけでなく雨の日や雨が数日続いた後の日に訪れることで、その土地の水はけの状態や家の周りの状態を知ることができるので、おすすめです。

PR:伊勢崎市で暖かい注文住宅を作るなら子育て世代の家設計室