目的意識を持って家造りをするべき

私は独身生活が長かったのですが、いずれはパートナーといっしょに生活をしたいと思っていました。結婚をしたときにはマイホームを持とうと考えていたのでコツコツ貯金をしていました。友人から紹介された人と結婚をすることになったので以前から欲しかったマイホームを持つことにしました。家族と一緒に住むことになるのならば、自分にとっての住みやすさだけでなく家族が快適に住めるような雰囲気の一戸建てにするべきです。私がマイホームを建てるときに重視したのは部屋の多さです。私は将来なるべく子供を持ちたいという希望があったので、子供のために部屋数を多くしたかったです。また、私が趣味を楽しむための部屋も造っておきたいと思っていました。私は自動車集めが好きなので車庫の広さにもこだわりました。広い車庫を造れたことでマイカーのメンテナンスをじっくりできて満足しました。ただ駐車場を広くしたことで庭が狭くなってしまったのが残念でした。

PR:群馬県太田市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室